個別指導塾ってどんなところ?

生徒に合ったカリキュラムを組める

個別指導タイプの塾にはいろいろな特徴があります。最大の特徴ともいえるのが、生徒ひとりひとりに合ったカリキュラムを組める点です。塾に通う理由は生徒によって異なるのが通例です。苦手な科目の成績をアップさせたい、特定の志望校の受験対策をしたい、期末試験対策をしたいなどです。個別指導タイプの塾ならこうした要望に細かく対応してくれます。カリキュラムごとに教える内容が違うのはもちろん、テキストも目的に合わせて編集されたものが使われます。期末(中間)試験対策の場合、学校の教科書を使う例もめずらしくありません。カリキュラムの内容は塾によって差があるので、入塾の申し込みをする前によく検討し、可能なら体験授業に参加するとよいでしょう。

講師ときちんと向き合える

個別指導タイプの塾では、その名の通り生徒ひとりひとりに合った指導が行われています。ひとりひとりに合った指導とは、カリキュラムを柔軟に選べるだけではなく、講師と生徒がマンツーマンに近い状態で学べることを意味します。正確にはマンツーマンではなく、ひとりの講師が生徒数人を担当する場合もありますが、生徒が学んでいる内容やレベルは別々です。生徒がきちんと理解しているかを確認しながら学習が進むので、着実なステップアップが期待できます。疑問点があればきちんと質問できるので、集団指導タイプにありがちな「わからないけど授業が進んでしまう」や「質問しにくい雰囲気」は基本的にありません。教わる内容だけではなく、進行ペースや理解度の確認まで生徒に合わせられるのが個別指導のメリットです。